足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

2016年01月

www.furusato-tax.jp

2015年1月〜12月までで、
わが家ではふるさと納税で10万円ほど、
九州地方の自治体に納税いたしました。

まずは、大分県臼杵市への納税。
ここからは、玄米をいただきました。

5b22d5a5.jpg
何度か納税し、年間のお米は全て、臼杵市から。
ありがとうございます!

そして、干物は鹿児島県志布志市より。
f:id:yunbox:20160130210707j:plain
あじとかますの干物を、これも何度かいただきました。
あじも美味しいのですが、
かますが最高に美味しいです!
今年に入ってまた、注文(?)しました(^^)

それから、味噌は鹿児島県いちき串木野市より。
f:id:yunbox:20160130210956j:plain
九州育ちの私にとって、味噌といえば麦味噌。
こちらのお味噌はとっても美味しいのです!
鹿児島は伯母の出身地でして、
応援したい気持ちが大きいです。

この記事の伯母です↓
■【愛用品】クイジナートのフードプロセッサー(DLC10)+シンプルカバー - 足るを知る

今は確定申告をしなくても、ワンストップ納税で自動的に控除してくれます。
(医療費など、別で確定申告が必要な場合は一緒に申告する必要あり)

応援したい自治体に納税できて、
お礼の品もいただけて。
それぞれの自治体から品物が届くときには、
その自治体の広報誌が同封されていて、それを読むのもまた、楽しいです。

さて、今からバレンタインにむけて、
生チョコレートを注文する予定。

f:id:yunbox:20160130211419j:plain

このチョコレート、本当に美味しいんですよ!
あとは、主人の誕生日に向けて、
山梨のワインを注文する予定です。

何か取り寄せたいものがあると、
まずは「ふるさとチョイス」のサイトをチェックするようになりました。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる

自分の実家や縁のある場所を応援できて、
お礼ももらえる。
ふるさと納税、楽しいですよ!

955c1505.jpg
デジタル毎日 - 毎日新聞

わが家では、新聞は毎日新聞を購読しています。
そして、デジタル毎日にも登録し、
タブレットでも新聞を読んでいます。

お仕事が休みの日などはゆっくりと紙面を読めるのですが、
平日はなかなか読むことができません。
でも、タブレットで通勤途中に読むことができるようになって、
便利になりました。

スマホではちょっと画面を見るのがキツイけれど、
タブレットで見るのは本当にオススメ。
紙面イメージそのままなので見やすいです。

気になる記事は画面キャプチャを撮り、Evernoteにスクラップ。
特に、欄外にある新刊本の紹介部分は、
買いたい&借りたい本が沢山なので、
画面キャプチャを取っては保存しています。

毎日新聞のなにがオススメって、
紙の新聞を購読していると、
デジタル紙面も無料で読むことができるのです!

f:id:yunbox:20160130203045j:plain

他の新聞社だと、追加料金が発生するので、
これはとてもお得。

もともと実家で毎日新聞を購読していたので、
独立してからもずっと毎日新聞を取っていたのですが、
ますますファンになりました。

さて、このデジタル版。
高校野球の出場校が決定したのを記念し、
1月30日〜2月8日朝刊まで、
無料解放されるそうです!

気になっている方はぜひ、
デジタル版の新聞を試してみてくださいね。

デジタル毎日 - 毎日新聞

ちなみにわが家は今、購読料を月に4037円支払っていますが、
紙の新聞はやめて、
デジタル毎日有料会員(月3200円)の登録にしようかと検討中です。
広告も必要ないし、新聞紙を古紙に出すのも大変なので(^_^;)
欲しい新聞だけ、コンビニで買うこともできますからね。

www.cataloghouse.co.jp

15年間がんばってくれた掃除機が、壊れました(T_T)
結婚前に主人と同居し始めた時に買った、
サンヨーの掃除機。
ホースが敗れたり、
パーツが欠けたりしましたが、
そのたびに修理に出してました。

今回は致命的で、
電源ボタンを押してもうんともすんとも言わなくなり。
家電屋さんに修理をお願いしたら、
もう対応していない機種だとのこと。

新しい掃除機を薦められましたが、
コレを機に、
以前から気になっていたマキタの掃除機を買うことにしました。

通販生活のサイトを見てみると、
なんと!黒の掃除機があるではありませんか!!

78db8028.jpg

主人と即、ポチリ。
先週、届きました。

使ってみての感想。
なんて軽くて、なんて良くゴミを吸ってくれるんだ!!

今までの掃除機を出す手間が嘘のよう。
リビングの壁にかけているので、
すぐに掃除することができます。
子どもたちも、気づいたら掃除してくれるように。

母が古いタイプのマキタ掃除機を使っているのですが、
新しいだけあって格段に使いやすい。
フローリングノズル部分も転がりやすくて、
楽に掃除ができます。

絨毯用ノズルは購入しませんでしたが、
フローリング用でも十分に吸ってくれます。
ブラシは今まで使っていた掃除機用のものを再利用。
パソコンのキーボードもさっと綺麗にできます。
壁を掃除するのも、軽いのでらっくらく!

正直、「早く買っておけばよかった!」と思っています。

使い捨ての紙パックではなく、
再利用できる不織布のパックを使用中。
使うたびにゴミを捨てていますが、
まぁ、びっくりするぐらい良く取れています。
気持ちが良いです(^^)

2階用にも一台欲しいかなと、思っています。
2台買っても、大きな掃除機よりも安いですものね。

お掃除するのが楽しくなる掃除機です!

↓母が使っている掃除機はコレ。
白だと、長年使っていると黄ばんでくるんですよね。
黒はどうかな?

f:id:yunbox:20160129104143j:plain

昨年末から1月中旬にかけて、
親戚・知人・友人、
何人かの最期に立ち合ったり、
お葬式に出たりしました。

しばらく音信不通だった、伯父。

こちらの記事で書いた、伯父です。
■20年以上引きこもっている従兄のこと - 足るを知る

肝臓がんで入院し余命が僅かだと知ったのは、昨年12月に入って。
一度お見舞いに行き、
次に会ったのは、お通夜の席でした。

資産家なので財産はある程度残して逝ったのですが、
引きこもりの従兄のために妹のTちゃんより多くを遺したので、
揉めに揉めました。
それはそうです。
最期、看病をしたり、保証人になったり、
お通夜・お葬式の手配をしたり、
すべてをこなしたのは、Tちゃんとご主人なのですから。
なのに。
「Sのことを頼む。面倒見てやってくれ。」
と、遺言を残し、すべてをTちゃん夫婦に押し付けて、他界。
伯母はそれを当然としてTちゃんに注文をつけ、
明らかに精神的におかしい兄(Sくん)は暴言を吐き続け。

親戚一同、Tちゃんの味方をして、色々と揉めました。
いまもまだ、決着はついていませんが、
Tちゃん夫婦は、母親&兄と縁を切ることになると思います。
幸い(?)暮らしていける財産はあるので、
あとは母と息子の二人で生活していくことになるでしょう。
Tちゃんは、本当にがんばったと思います。
親戚一同に連絡をくれたのも、彼女。
最後は泣きながら、親戚たちに頭を下げていました。
そんな必要はないのに。
一番辛いのは、自分なのに。

救いは、旦那さんとそのご両親が立派な方で、夫婦仲が良いこと。
この家族の力になろう。
そう、親族一同決めました。

私が小学5年生のときの担任、S先生。

暑中お見舞い・年賀状のやりとりをず~っと続け、
私が結婚してからは帰省のたびにご挨拶に伺っていました。
亡くなったのは、昨年11月のこと。
そのことを知りませんでしたが、
お正月の年賀状の代わりに、S先生からのお手紙が届きました。
夏のうちから書いていたお手紙。
ご自分のこと、 小学生のころの私のこと、
私の子どもたちのこと。
便箋3枚にたくさんの、あたたかい言葉。
同封されていた息子さんからのお手紙には、
余命が分かってから、友人・知人全員に、
お別れのお手紙を書いていたとこのこと。

「母の希望で、家族だけでの葬儀を行いました。」
「お香典などもご遠慮させてください。もしよろしければ、下記まで寄付をしていただけると幸いです」

とあり、あしなが育成会のHPのアドレスが書いてありました。
きっぱりさっぱりされていたS先生らしい最期だと、思いました。

ご近所の、Mさん。

亡くなる前に、
「派手な葬儀はしないでほしい。」
「家族だけで見送ってほしい。」
と言い遺されていました。
奥さまがその遺志を尊重しようとしていたのに、
遠方にお住まいの息子さんがガンとして認めず。
会社もそうそう休めないからと、
息子さんがお住まいの県で、お通夜&葬儀をしてしまいました。
ご自分の会社の人たちばかりの葬儀にして。

もう少ししたら、息子さんの自宅の近くに引っ越される奥さま。
居を構えて40年ちょっと。
地域にたくさんのご友人がいて、
つながりがあるのに、
その人達に最後のご挨拶ができなかったと、
悔やまれています。

その他にも、亡くなったかたが何人か。
色々と考えさせられる、年末年始でした。

人生なんて、しょせん、死ぬまでの暇つぶし。

以前読んだ本(題名は忘れてしまいました、、、)に書いてあった、
この言葉が頭をよぎります。

何かを無理に残そうとしたり、
家族に無理な要求をしていったり、
自分の痕跡を残そうとしたり。

子どもが親の遺志を尊重せず、
自分の社会的地位を見せつけようとしたり。

そういう考えの方たちのお葬儀は、揉める。

自分が残せるものなんて、そんなにない。
一番は、子どもたちでしょうか。
わが子たちが私のことを覚えていてくれれば、十分。
願わくば、その思い出が幸せなものであってほしい。

そう思いました。

↑このページのトップヘ