a1810_000009


娘は今、修学旅行の話し合いで消耗しています。
原因は、行動班や部屋割り班でのグループ分け。

クラス内で仲良しのグループがあるのですが、班分けの人数でピッタリとはいかないので、
誰と一緒になりたいだの、私と一緒になろうだの、誰それとは一緒になりたくないだの、お友達から毎晩のように電話がかかってくるのです。
(うちは夜はスマホ&パソコン禁止なので、電話で話してます)

立て続けにかかってくるので、娘も面倒になった様子。
いよいよ班決めの日には、「今日は学校休もうかなあ。勝手に決めてくれればいいや」と、すっかり投げやりに。
いやいや、修学旅行はまだまだ先やろ?(笑)

「誰となっても良い」という態度には感心したのですが、
そうはいっても投げやりなのはちょっと、、、、、。

「ほんっと、面倒くさい!先生が勝手に決めてくれて全然オッケーなのに。むしろ、出席番号順でもいいくらい」

そう、ブツブツいいながら、結局は登校しました。

決まった班を教えてもらうと、まあ、仲の良い子たちとは一緒の班になっていましたが。
他の班は揉めに揉めて、もしかしたら、また後日、女子だけやり直しになるかもとのこと。

あらら〜。
上の息子のころは、こんな悩みはなかったなあ。
テキトーに班が決まって、旅行の後でぐっと仲良くなったものですが。
女子は最初から、仲が良い子で固まりたいですよね。

私の時はそれこそ、出席番号順で決められていたので、逆にまったく苦労しませんでした。
「自由に」「好きな人とグループを」って、ある意味残酷ですよね。
娘、旅行に行く前に、すっかり消耗しております。