足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

カテゴリ: 考え方

a1130_000079


お正月に実家に帰省したときのこと。
親族で集まっているとき、
従弟のお嫁さんから、
「息子(小学3年生)が、学習障害かもしれないと言われて。今度、検査を受けるんです。」
と話してくれました。

従弟夫婦の息子ちゃん、Kくん。
小さな頃から好奇心旺盛、とても賢くて、おしゃべり上手。
学校でも、
気づいたことを授業中にドンドン話し始めちゃって、
先生いわく、「授業の邪魔をしている」。
1年生のころからずーっと、担任の先生に嫌われてしまって、
従弟夫婦はしょっちゅう、
学校に呼び出されているそうです。

ママさんも、周りに謝るのに疲れてしまって、
子どもを連れて外に出るのが億劫だそう。
5歳違いの妹ちゃんのことを、
「娘の方は本当にいい子で、育てるのが楽なんです。」
と。

Kくんのこと、可愛くないわけではない。
でも、周りに責められ、気を使い、
外に出したくないと思ってしまっています。

「学習障害と判定されたらいいな。
そしたら、どんなふうに育てたらいいのか、教えてもらえるかもしれないから。」
と。

私には、そんなママさんのお話を聴くしかできませんでした。

主人とその話をしたとき、主人が言ったこと。

「”学習障害”って、大人目線な言い方だよね。
子どもに合った教育を提供できていないわけだから、
学習障害ではなく、”教育障害”だとおもうよ。」


この人はすごいなあと、改めて思いました。

そうですよね。
先生にとって、大人にとって都合が良い子を育てるのが教育ではない。
その子の能力を引き出せるようにするのが、教育。
Kくんの場合、知りたいことがたくさんあるから先生に聞いているのに、
それが先生の授業のスムーズな進行に邪魔になるからと、
嫌われてしまう。

でもこれ、現場の先生の責任だけではないと思います。
余裕がない学校の状態が一番の問題。
足並みそろえての学習計画。
誰のためだかわからない、研究発表とその準備。
子ども全員を同じレベルにするような、規格教育。
優秀なサラリーマンを生み出すための、教育。

優秀なサラリーマン教育で優秀な成績だった教育委員会のメンバーが考える、教育カリキュラムですもの。
そのまんま、自分たちのコピーを作るようなもの。
それに合わせなければいけない、若い先生たちもお気の毒です。

私の子どもたちが通っていた小学校。
通常学級になじめなかった”学習障害”の子が、
支援学級で学び始めてみるみる変わっていくのを目の当たりにしていました。
少人数で手厚い指導というのもありますが、
なにより支援学級の先生がたの、
子どもたちに自信をつけさせるような指導が素晴らしかったです。
ただ、支援学級で学ぶには保護者の同意が必要で、
これがとても難しい。
通常学級で学び続けて辛い思いをしている子どもも。

いろいろな学び方を、子ども自信が選びやすい環境になればいいな。
そう思います。



a0002_000884


相撲界の話題で持ちきりだった、この何ヶ月か。
力士の暴力事件、その後の対応の問題、
さらには、立行司のセクハラ。
ニュースでしばらくの間、騒がれていましたね。

そんなに大事件ですか?
連日報道しなきゃいけないほど?
私の周りには、相撲に興味がある人はあまりいないのですが、、、。

事件をマスコミがさらに大きくしてますよね。

相撲人気が、そんなに気になりますか?
日本文化を守るため?
付随する業界の存続のため?

報道からは、むしろ貶めているとしか思えない。

相撲人気が高い時は力士をちやほやし、
アイドルのように持ち上げていたのに。

本当に相撲を愛する人たちは、
マスコミの上げ下げに影響されません。
頑張っている力士を応援するだけ。
角界に愛想を尽かしたら、相撲を観戦しないだけ。
こちらのほうがむしろ、怖い対応なのでは?

相撲のスキャンダルを声高に話すのは、マスコミだけです。
そんなことに時間をとり、紙面を割いて報道するよりも、
もっと大切な報道があるんじゃないですか?

いいかげん、
スキャンダルで視聴率や収入をあげようとするの、
やめていただきたいです。
一つのスキャンダルをいつまでも騒ぎ立てないでほしいです。



a0001_013273


月に一度、あるボランティア団体の定例会に参加しています。
ボランティアさんたちは、60代〜80代の高齢者。
女性8割、男性2割といったところ。
男性の高齢者を地域ボランティア活動に呼び込むのは、
なかなか大変。
女性のほうが、パワフルで積極的です。

この定例会でいつも感じること。
この年代の男性には、出身校や職歴で自分や人を判断する人が多い。


自己紹介の場でも、
女性は「今」、どんな活動を楽しんでいるのかを話されるのに、
男性は「昔」、どんな学校を出てどんな仕事をしていたかを話す。
正気いえば、他人の昔話にはみんな、興味がありません。
「まあた始まったよ、あの人の自分史が」
と、おばあさんたちは呆れてます。

そして、自分史を話したがる人は、
人の話はまったく聞きません。
全部、自分の話に持っていっちゃう。
それで、喧嘩になることもしばしば。
人が話しているのに重ねて話そうとするんですよね。

そんなお一人、Oさん。
「なにか仕事をしたい」と言うので紹介をすると、
「そんな単純労働はいやだ。人に教えるような仕事がしたい」。
(定年前は会社の人事部で教育担当だった方らしいです。)
そして、いろんなところでまた、
「なにか仕事を紹介してくれ。」

ボランティア活動自体も、
「やってやってる」という考えでされているので、
依頼者との間でトラブルが発生します。
「指導してやった」と自慢げ。
自分の話をし続け、依頼者の仕事を邪魔する。
そして、
「次回はOさん以外の人でお願いします」と、
依頼者からの連絡が入ります。

逆に、
「やらせてもらっている」という方に、
ボランティア依頼は集中します。
地域からも、近隣の小中学校からも。

それをOさん本人に伝えるのは、難しい。
ご自分の人間性が原因だとは思ってもいないのですから。
ボランティア仲間も、あえてお伝えしません。
良いお年ですからね、お互いに。
ただ、じんわりと距離を置くだけ。

定年でリタイアした男性のその後の生活は、
こういう人間性・考え方で変わってくるんだなと、
良い勉強をさせてもらっています。
そして、家族でそんな話をしています。



a0960_004230


年賀状、今冬も送っていません。
完全にやめることができました。

◆年賀状、やめました。- 足るを知る

昨年の12月ころから、周りはそわそわ。
年賀状用の雑誌を買ったり、写真を撮りに行ったり。
ここぞとばかりに、本屋さんにも年賀状関連の本&雑誌がならびますものね。

娘は学校でお友達に
「年賀状出すから住所教えて!」と聞かれ、
「うちは年賀状ださないから。挨拶はメールで送るね。」
と断ったそう。
(娘は学校の友達とはLINEをしていません。面倒だから。)

息子の周りは、年賀状なんて気にする子はいません(笑)。

昨年出さなかったので、今年は受け取った年賀状も、ほんのわずか。
その方たちには後日、
お電話したり、メールしたり。
私たちにとっては、それで十分。

息子と娘は毎年、年末年始は私の実家(福岡)にずーっと帰省。
お正月に年賀状を見ることはありません。
実家でメールやLINEで年始の挨拶をしたそうです。

だからといって、周りに「年賀状、反対!」とは主張しません。
書くのが好きな人は、書いて出せばいい。
必要ないと思う人は、やめればいい。

ちなみに、妹も年賀状、やめたそうです。
「ほんと、楽になった! 早くやめれば良かった!!」
と大喜びでした(^^)
両親の世代(60代以上)は、まだまだ年賀状への思いも強い人が多い。
でも、私たちの決断を尊重してくれています。
父が仕事をやめたら、両親も年賀状をやめるそうです。

要・不要の判断は、自分で。
そして、ぶれない。
人の決断は尊重し、余計な口出しをしない。

年賀状だけでなく、何に対しても、
そうだと思います。



a1370_000279


わが家の子どもたち、
ボーイスカウト活動に参加して10年以上たちます。
現在、
息子はベンチャースカウト(高校生)。
娘はボーイスカウト(中学生)に所属。
ボーイスカウトからは、子どもたちが班ごとに活動し、
そのスキルを競い合いながら、成長しています。

先日、娘の同期の男の子(Mくん)のお母さんから、
「班が別れたからライバルですね。負けません!」
と、突然のメールをいただき驚きました。

そして、
「ああ、このお母さん、自分の代わりに子どもに競わせてるんだな」
と気づきました。

子どもたちはビーバースカウト(5歳)から活動していますので、
子どもも、そして保護者同士も、
おつきあいは10年以上。

Mくんママは、何かにつけて活動に参加(監視?)し、
Mくんに
「なんでやらないの!」
「なんでできないの!」
と、活動中でもガミガミ。

お母さんは指導者ではありませんが、
お父さんは指導者として活動中。
そのお父さんも、つねにMくんのスキルをあげるべく、
いろいろと手出し、口出し。

どうやら、
ボーイスカウト活動をしていた従兄さんのイメージがとても強いらしく、
自分なりに理想とするボーイスカウト像に、
子どもを近づけたい様子。
そして、Mくんを一番にしたいらしいのです。

Mくんは、
中学校で始めた部活(陸上部)をがんばりたい。
でも、両親はボーイスカウトで良い成績をおさめさせたい。

はたから見て、かわいそうなほど、期待されています。
一人っ子さんですし。

スカウト活動に熱中しているのなら、
親だけが活動すればいいのです。
自分の理想を子どもに押し付け、
同期をライバル視し、
無理に競わせなくてもいいのです。
Mくんは優しくて穏やか。
仲間と一緒に活動することを楽しんでいる子なのですから。

なにかを競いたいのなら、
親自身が、自分の力で周囲と競争すればいい。
親の身代わりに、子どもを競わせるのは、みっともない。

Mくんのご両親の姿をみながら、
自分はどうかな?
子どもを身代わりに、周りと競争していないかな?
と、わが身を振り返っています。



↑このページのトップヘ