足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

カテゴリ: 映画&ドラマ

02


アマゾンのプライム会員になっております。
何が嬉しいって、海外ドラマに見放題のものが多いこと!
「BONES」や「CSI:」ががっつり見れるのには
びっくりですよ、ほんとに。

そして今は、「NCIS:LA」にハマっています。

NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班〜

魅力的なキャラクターが多い中でも、
私が特に好きなのは、
ヘティこと、ヘンリエッタ
NCISチームのボスです。

10


動きも話し方もユーモアも知性も、謎な過去も。
ヘティの魅力的な部分は数多くあります。
そして、ヘティの英語ですが。
とってもとっても聞き取りやすい。

ロマ人だという設定だからでしょうか。
ネイティブな英語ではなく、
ひとつひとつ区切るような話し方をします。
でも、ちゃんと通じているし、
こちらも聞き取りやすいのです。

私のように、なんとなく英語はわかるけれど、
話す勇気がないという人間にとって、
ヘティの英語は自信を与えてくれるもの。
「あ、こんな感じの話し方でいいんだ!!」って。



上の本に、

世界中で英語を話す人たちのうち、
ネイティブ(第1言語が英語)の人は1割くらい。
それ以外の人たちは、
第2言語として英語を話している。
だから、
ネイティブのように流暢に話す必要はない。
流暢に話すことにとらわれるよりも、
自分の知っている単語で、
どれだけ自分が言いたいことを伝えられるかだ。


というようなことが載っていました。
確かに、以前職場にいたインドの人も、
区切るようにゆっくりと話していました。
でも、きちんと通じるし、
職場の日本人(私も含めて)にとっては、
とても聞き取りやすいかった。
気負いなく、
自分のジャパニーズイングリッシュで話しかけることができました。

それを思い出させてくれたドラマでしたよ(^^)

それ以外にも、
最新のITを使った捜査や、
捜査官たちが使っているsurfaceなどタブレットの潜在力、
見どころ満載なドラマです!

↓ surface、ほしいなあ、、、、、。


↓ この本、とてもとてもオススメです。
どうにか自分が知っている言葉で伝えようと、
頭を切り替えるきっかけを作ってくれました(^^)

www.amazon.co.jp

Amazonのプライム会員になっています。
今、娘とプライムビデオにはまっています。

とくにハマっているのが、CSI:
実家のケーブルテレビで見てから、娘がハマり。
私ももともと好きだったけれど、テレビを廃棄してから見ていなかったのです。
プライムビデオでチェックしてみると、
このドラマが、シーズン14まで無料で見放題!
信じられない!!

今、シーズン12に入ったところ。
驚くのは、テクノロジーの進歩の凄さです。

シーズン1では指紋や銃弾の比較は視確認だったし、
弾道解析は棒をさして糸を張ってだったのに。
パソコンだってデスクトップで持ち歩けず、
携帯は電話&メールのみ。

シーズン12では、
指紋比較も銃弾比較もデジタルで、 データベースも多種にわたってあっという間に比較完了。
弾道解析はレーザーだし、
捜査員全員がタブレットで瞬時に情報共有、
現場の様子も指紋もスマホのカメラで撮影→送信→瞬時に解析。
オフィスのテーブル事態が巨大なタブレットになっていて、
写真も指でさっと表示。
このスピード感がたまりません。

検死解剖の様子も、よりリアルに。
娘と、「よく出来てるねえ!!!」と感心しきり。

シーズン14からはメンバーがガラッと変わって、
今までの捜査チームから一新。
それはそれで、私は好きかも。

シリーズとしては「CSI:」よりも「CSI:NY」のほうが好きなのですが、
残念ながらプライムビデオでは登録されていません。
気長にまとうと思います(^^)

↑このページのトップヘ