足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

カテゴリ:生活 > 生活-節約

a0002_001019


キッチン、洗面所、お手洗い。
水回りのお掃除って、地味に大変ですよね。
毎日使う場所ですし、ピカピカだと気持ちが良いのはわかってるけれど、
忙しいとどうしても、見ないふりをしちゃいます、私。

そんな私が、友人から教えてもらった、技。
元栓をちょっと締め気味にする。
聞いてすぐにやってみました。

例えば、キッチン。
収納扉の下に、水道の元栓がありますよね。

IMG_20170613_173946

↑わが家の元栓。左がお湯、右がお水の栓です。
ちなみに扉の中は、食器を収納。


これを、締め気味にして、水流の勢いをゆるめるのです。
そうすると、水ハネが少なくなって、
お掃除がとってもラク!

わが家は混合水栓なので、
暖かい時期になるとお湯の元栓はしっかり締めてしまいます。
そうするとお湯が出ず、
光熱費も節約に。
混合水栓って、少しお湯側にレバーが動いただけでお湯がでちゃうんですよね。
元から断ってしまえば、お湯を使わずに済みます。

ちょぼちょぼと出る水に、
最初は「水が溜まるの、おそっ!」と思っていましたが、
そのうち慣れました。
勢いがあるからって、お鍋に水を溜めるのに何分も違うわけではないです。
むしろ溢れなくて良い。
お野菜洗うときの泥はねや、
食器を洗うときのハネもなくなり、
子どもたちにも好評です。

洗面所とトイレの元栓も、さっそく締め気味に。
洗面所は鏡への水ハネが少なくなったし、
トイレの手洗い部分も、壁への水ハネが激減しました。

ちょっとした工夫だけれど、思いつきませんでした、私。
教えてくれた友人に感謝です!




a0001_017879


今年のお正月に、格安スマホを購入しました。

◆gooのスマホ「g06」を買いました。ちっちゃくって、快適! - 足るを知る

快適にはつかっていたのですが、
外出にタブレットとスマホを2台持ち歩くのが嫌になってきました。
タブレットはKindle本を読むのに必要なのです。
gooスマホの4インチ画面じゃ見づらくて、、、(^_^;)

いろいろと試行錯誤した結果。

1.音声通話SIMはタブレットに挿す。→通話はできません。SMSはできます。
2.SIMにかかってきた電話は、待ち時間0秒で自宅電話に転送→留守電へ。
3.後ほど、自宅電話から折り返す。

にしました。

本当は。
転送先をIP電話にして、留守電の音声データをメールで送るようにしたかったのです。
IP電話にはそういうサービスがあるので。

でも、転送設定には、IP電話の050番号が指定できないのです。
本当は自宅の固定電話も解約したいところなのですが、
ちょっと無理かなあ。
本当はNexus7で受けれるのが一番いいのだけれど、、、

実は電話がかかってくること、そんなにないんです。
仕事でもプライベートでも、
メールやSNSで連絡が来ます。
逆に、電話がかかってきても取れない時間ばかり。
だったら、自宅でゆっくりしているときに折り返したほうが気楽です。

それに、大した用事じゃない場合、
留守電に録音しませんよね。
なので、時間の節約にもなります。

この方法にして1ヶ月ちょっと。
今のところ、快適です。
使わなくなったgooのスマホは、
友人の子どもさんにあげました(*^_^*)

↓わが家の留守電はコレ。シンプルでじゃまになりません。





OCNモバイルONEの容量シェアSIMを契約し、
通信費の節約をしました。

■OCNモバイルONEの容量シェア、通信費節約のために契約しました。 - 足るを知る

問題なのは、SIMフリースマホの入手方法。
ですが。
親戚がOCNモバイルONEの契約をすることに。
端末は今使っているものを使い続けるとのこと。

端末とのセットを買ってもらい、
端末だけを買い取らせてもらうことにしました。
私と娘と息子の、3台。

ヨドバシカメラでのお正月セールで、
OCNモバイルONEの同時契約で、
端末代10,000円引き。

私と娘の分は、gooのスマホ「g06」
4インチと小さく、
メモリも1Gと少ないですが、
だからこそ、安くて、使いやすい。
タブレットをデザリングできるし。
1台580円で購入できちゃいました。

入れたアプリは、

・OCNでんわ
・LINE
・FacebookのMessenger
・Google Drive

の4つのみ。
Google Driveは、
LINEで送られてくるファイルやテキストを、
タブレットと同期させるために。

基本、g06は通話のみ。
娘も、KindleFireを持っているので、
デザリングすれば、
他のアプリは必要ありません。

スペックが低いからこそ、
余計なアプリを入れずに済む。
g06を選んで、大正解でした。

息子の端末はこちら。



これも10,000円引きで、15,000円ほどで購入。
息子のキンドルはKindlePaperwhiteなので、
アプリが入れられません。
通学でも持ち歩くので、
色々と使えるスマホが良いと。
自分で色々と見て回り、
選んでいました。
購入も、自分のお小遣いで。

本当はiPhoneが良かったみたいだけれど、
高価ですものね。
自分で働き出したら買えば良いと思います。

事務手数料3,000円も負担させてもらい、
めでたし、めでたし。

子どもたちは、
スマホの設定に夢中です(^^)







タブレットとPHSの二台持ちを続けて、3年ほど。

■PHSとタブレットの2台持ちです。- 足るを知る

そろそろ子どもたちもスマホが必要に。
このところ、色々と検討していたのですが、

■格安SIM。音声通話は必要ないけれど、電話番号は保持していたい、、、、。 - 足るを知る

OCNモバイルONEの容量シェアを使ってみることにしました。

◆OCNモバイルONE 容量シェア

OCN モバイル ONEは、ご契約の通信容量を最大合計5枚のSIMカードでシェアすることができます。


家族4人で月10GB契約の場合は、
こんな感じ。(クリックで大きくなります)


29


容量シェアは、
SIMカード1枚につき450円(音声通話付きだと+700円)での契約。
新しいSIMカード契約を結ぶよりも割安です。

お値段は、こんな感じ。(クリックで大きくなります)

52


私と娘は、
外でほとんどネットを使いません。
使っても、ラインくらい。

私のタブレットのSIMは解約して、
音声SIMを容量シェアで追加。
スマホを通じてデザリングで使用することにしました。

母のタブレットも、
自宅(光ケーブル+無線LAN)で使うことがほとんど。

主人と息子はぼちぼち使うので、
月5Gの契約にしてみました。
家族でかかる費用は、

主契約(主人)2,150円
OCN光割引 −200円
容量シェア(通話付き)1,150円×3枚
容量シェア(データのみ)450円×1枚(←母のタブレット)
------
合計 7,000円(税抜き)


5人でこのお値段。びっくり。
もちろん、端末は自分で購入です。
通話料もかかります。

でも、LINEやFacebookで通話するので、
通話料はほぼ0円。
どうしても電話が必要なときは、
OCNでんわ(30秒10円)を使えばいい。

これで通信費は、
しばらく様子をみることになりました。

妹に言うと、「なに、その安さ!!」
早速同じように契約を変更するそうです(^_^;)

削れる費用はとことん削って、
その分を、
自分たちがもっとやりたいことにお金を使いたい。
(わが家の場合は、本の購入)

そんな選択ができる、
いい世の中になってきたなと、
つくづく思います。



a0001_017724


家族4人&実家の両親2人、
SIMフリースマホ(タブレット)と格安SIMを使っています。

自宅ではWi-Fiにつなげて使うので、
格安SIMで充分。

通話機能も必要ないのですが、
LINEの認証に必要なので、
電話番号を仕方なく保持。
IP-Phone SMARTを使っているので、
携帯番号、必要ないのに、、、。

◆FUSION IP-Phone SMART

LTE+SMS付きのSIMにすればいいのかな?と思ったのですが、
番号ポータビリティーを適用するには、
通話機能付きSIMでないとダメとのこと。
SMSだけだと、新しい番号が発行されてしまうそうです。

データ通信だけよりも、
通話機能つきだと、700円前後、お値段がアップ。
6人分となると、大きな金額です。

番号いらないかも?とも思ったのですが、
LINEでの連絡も良く使うし、、、。
LINE認証、050番号ではできないし、、、。

悩ましい、今日このごろです。



↑このページのトップヘ