足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

カテゴリ:



グリーン・ノウ物語シリーズの2冊め。
1巻の「グリーン・ノウの子どもたち」を読んでから、
シリーズ全巻を読みたくなって一気に前巻購入。
どっぷりとグリーン・ノウの世界にハマっています。

この「グリーン・ノウの煙突」でも、1巻同様、トーリーが主人公。

内容(「BOOK」データベースより)
待ちに待ったお休み。トーリーは、ひいおばあさんのいるグリーン・ノウのおやしきにもどってきました!ひいおばあさんがつくるパッチワークの布から、むかし、ここに住んでいた人たちのすがたが、あざやかによみがえります。


今回は、前巻で友だちになった3兄弟はほとんど出てきません。
新たにお友達になるのは、
盲目のイギリス人少女・スーザンと、その付き人の少年・ジェイコブ。
もちろん、トーリーと同じ時代の人間ではありません。
前巻同様、何百年も前に生きていた人間なのです。
でも、グリーン・ノウは不思議なところ。
トーリーは、さまざまな場所で二人は出会うことになります。

スーザンは生まれつきの盲目で、その行動を心配する乳母に制限されて生きてきました。
その様子を心配した父親のオールドノウ船長が航海先から連れて帰ってきたのが、
付き人となる元・奴隷の少年ジェイコブでした。

ジェイコブと出会えたおかげで、
スーザンはいろいろな世界を体験することができるようになります。
目が見えなくても、好奇心旺盛でかしこいスーザンは
お屋敷やお庭の探検、木登り、料理、勉強などなど、
どんどん挑戦し、知識を得ていきます。

その挑戦を応援し、支え、励ますジェイコブ。
親として、ジェイコブの様子には感心しきりです。
「こんなふうに、危険も含めて体験させてあげてきたかしら、我が子に」と。

スーザン&ジェイコブのペアは、オールドノウ家で大きな問題を解決していきます。
それを助けるのが、現代のトーリー。
重なり合い、出会う、違う時代を生きる子どもたち。
そのきっかけを作る、ひいおばあさんのパッチワークと、昔話。

最後。
スーザンとジェイコブがどういう人生を送ったのかを知り、
ほっと心が温まりました。
そして、
トーリーが寄宿舎に帰る場面は、とても寂しくなりました。

さ、次は「グリーン・ノウの川」を読まなくちゃ!







上橋菜穂子さんのエッセイ「物語ること、生きること」に、
この本の著者、ルーシー・M・ボストンが住むマナーハウスに訪れたことが書いてあった。

グリーン・ノウ物語は、実際にボストンさんが住んでいるマナーハウスを舞台のモデルとして綴られた物語。
上橋さんが夢中になって読んだというのに惹かれて、読んでみた。
そして夢中に。

なんで今まで読んでいなかったんだろう?
というほど、おもしろく、引き込まれる物語。
グリーン・ノウ物語は、全部で6巻。
次の「グリーン・ノウの煙突」を読むのが、楽しみでしかたがない。

ニコール・キッドマン主演の映画、「アザーズ」のような舞台設定。
主人公のトーリーと、
300年前の兄妹との交流が、とてもあたたかくて、少しだけ、寂しい。
気配だけ感じていた兄妹とようやく出会えた場面は、
私まで嬉しくて笑顔に。

マナーハウスは現在、ルーシーの義娘さんが管理をしていて、
事前に予約すれば訪れることができるとのこと。
この本を読んだら、訪れたくなる。
イギリスだけれども^^;

http://www.greenknowe.co.uk





不器用な父と求める子…二人の絆と成長の物語――。

最愛の人を亡くし、遺された父子は薬売行脚のなか、何を見つけるのか――。
期待の実力派新人が贈る本格薬師旅譚!
- Amazonの商品説明より -


年末年始に、
Kindle本を買い漁っておりました。

まんがも何シリーズかをまとめ買い。
その中で一番ハマったしりーずが、
この「ちちこぐさ。」

幼い子どもを遺して妻に先立たれた、薬師の父。
妻を亡くした心の傷は大きく、
息子を姉のもとに預け、薬売行脚に出てしまいます。
そのまま預けて、2年間。
姉と義兄の言葉をキッカケに、
今度は息子を連れて、
薬売行脚に出ることになりました。

薬売りの旅の中で、
いろいろなお客さんとのふれあいの中で、
少しずつ、少しずつ成長していく、
父と子。

舞台設定は、昭和の初期くらいでしょうか?
服装も、ほぼ全員が和服です。
やってくる薬売りを待ちかねる、
村人たち。
滞在しながら薬を調合する、薬師。
村に溶け込んでいる、薬師。

◆「おきぐすり」の歴史 - 一般社団法人全国配置薬協会

懐かしく、温かい。
そんな気持ちにさせてくれる、
お正月にぴったりな、まんがでした。
買って大正解!

息子曰く、
「なんか、蟲師の世界に似てる。」



わーかーるー!!
母もそう思ったぞ、息子よ!

こんな世界観が好きなのですよ。

息子(シロウ)の成長と、
父の成長、両方が楽しみ。

そして、「蟲師」も続編が出てほしいね、、、、。





毎日毎日、
気になった本を電子書籍(Kindle本)でガシガシと購入しております。
Kindle Unlimitedに登録してからは、
暇さえあれば本を読んでおります。

先日、ある作家さんとお話をする機会がありました。
ご自分の書かれた本を購入するよう言われたので、
「電子書籍で出ていますか?」
とお聞きすると、
出していないとのこと。
60代前半の女性なのですが、
延々と紙の本の良さを話し続け、
押し付けられそうになりました。
サイン入りで。

興味のない分野の本だったので、
早々に退散。

新聞や雑誌を読んで、
または人に薦められて、
本をKindleで探してみたとき。
Kindle本で出ていたら、その場で購入します。
でも、紙の本でしか出ていなかったら、
買いません。
よっぽど面白そうな本だったら、
図書館で予約しますが。

Kindle端末を買ってから、
タブレットにKindleアプリを入れてから、
家族で買うのは、電子書籍のみ。
人にすすめるのも、
そして私がすすめた人たちが買うのも、
電子書籍のみ。

紙の本でしか出版していない方は、
大きなビジネスチャンスをのがしていると思います。

そして。
紙の本しか認めていない人たちも。

市立図書館が、学校図書館が、
早く電子書籍化すればいいのに。
学校の朝読書で、
電子書籍の持ち込みが認められたらいいのに。
いつも子どもたちが、
つぶやいています。






いいなあ!
小学校の図書の授業が、こういう形式だったらいいのに!!

そう、何度も呟いてしまうくらい、
良い本でした。

本の内容を紹介して読み始めた息子と娘も、
同意見。
家族でこの本を通じて話が盛り上がりました。
そんな本です。

著者のドナリン・ミラーさんは、
アメリカの公立小学校の国語教師。
今までの国語の授業こそが、
子どもを読書嫌いにさせている原因だと考え、
大きく国語の授業形態を改革していきます。


クラス85%の生徒がいつも、州の統一テストで90点以上!!
アメリカの公立小学校で実際に行われている読書の授業とは!?

子どもたちが、本を読まなくなっている。
テレビやゲームのほうが楽しいから。
でも、本当にそうだろうか?
大人たちが読書嫌いの原因をつくっていないだろうか?

著者は、アメリカの公立小学校の国語教師。
テスト対策に偏った国語教育が子どもを本嫌いにしていると考え、さまざまな知見を取り入れながら「年間 40冊」の多読メソッドを確立。
それまで本嫌いだったり、読み書きに問題を抱えていたりした子どもたちを、大の読書好きに育てあげてきた。

彼女の教室では、子どもたちがバラバラに好きな本を読んでいる。
それなのに、州の統一テストではみんな90点以上をとってくる。

どんな子でも本が大好きになり、成績が上がる本の読み方とは!?

大人の押しつけではなく、自分の興味にあった本を自分で選ばせること。
それが将来にわたって本を読みつづける力になる。
「読書の喜びを伝えたい」という著者の情熱が伝わってくる、大人の読書にも役立つ。

amazonの内容紹介より


小学校の図書室で働いていて感じていたこと。

自らも本が大好きな先生たちは、
読書へ子どもたちを導くのがとても上手。
物語を途中まで読み聞かせしたり、
自分が読んだ本をオススメしたり。

逆に、自分が本を読まない先生たちは、
子どもたちに課題図書や国語の教科書にある本をススメるだけで、
自分の言葉でススメることができません。


子どもたちは、
自分の担任の先生がどんな本を読んでいたのか、
とても興味があるのに、
「全然読んでなかったなあ」
と言っちゃったり。

「物語の本しか読んではいけません」
という、読書が苦手な子どもたちにとって辛いルールを決め始め、
読書感想文をその都度書かせたり。

そういうクラスの子たちは、
一部の読書好きな子をのぞいて無駄話をしていて、
図書の時間が落ち着かない。
本を読めないまま、1年がすぎる子が大半でした。

正反対に。

好きな本を、好きなだけ読ませて、
その感想を子どもたち全員と交換日記のように
毎日やり取りしている先生もいらっしゃいました。
先生自身、
図書の時間に子どもたちの中で一緒になってドンドン本を読んでいました。
ちょっと話し始めた子がいたら
その子に合ったオススメ本を一緒にさがしたり。
そのお手伝いをするのが、
とても楽しかったです。

「本を読めないと将来苦労するぞ〜」
というような消極的な呼びかけで、
子どもたちが本を読むようになるわけがありませんよね。
まずは、周りの大人が本を読む。
本を読んで、感動したり、びっくりしたり、
そういう感想を子どもに話す。
すると子どもたち、興味を持って読み始めます。

そして、
逆に子どもたちに教えてもらったオススメ本を、
必ず読んで感想を伝えると、
喜んでまた、次の本を紹介してくれていました。

サッカー好きな子には、サッカーに関する本。
絵が好きな子には、絵画や歴史に関する本。

そうやって、
その子たちに合わせて臨機応変に本を紹介できる先生は、
とても素敵でした。

国語の時間。
みーんなで一緒に本を読んで、
先生からの問いかけに模範解答をして、
そしてまた、みーんなで読んで、、、、、。

私も小学生のころ、つまんなかったなあ。
さっと読めばすぐに読み終わってしまう物語を、
何時間もかけて読むんだもの。
主人公の気持ちなんて、一目瞭然なのに、
何度も何度も、聞くんだもの。

もっともっと、
自分の好きな本を読ませてあげたらいいのに。
子どもたちの口から、選んだ本の魅力を語らせてくれたら良いのに。

そう思います。


↑このページのトップヘ